NEWS

gelatin silver print による
東葛写真研究会 第15回作品展


アイデムフォトギャラリー 「シリウス」
2019年8月15日〜21日 (日曜休館 入場無料)



研究会会員の古谷津さんが出展します


富士フイルムがネオパン100ACROSIIフィルムを発売!!


開催中 (6月30日まで) 終了しました

「うつくしきゼラチン・シルバー・プリントの世界」
写大ギャラリー・コレクション展
2019年5月13日(月)〜2019年6月30日(日)



写真は 中島秀雄 Strange of Light 1996


ゾーンシステム研究会 会報67号



Contents
・ ポートフォリオU写真展
・ ゾーンシステム研究会第22 回写真展
・ フィルムテストレポート
 ― ILFORD HP5 PLUS 400 (4×5) ―
・ インフォメーション


ゾーンシステムワークショップ2019 終了しました

 (ゾーンシステム研究会の主催ではありませんが、受講者は正会員になれます)


 4月14日(日)〜7月14日(日) 7回
 受講料 5万円
 アトリエシャテーニュにて


ファインプリント 銀塩写真の魅力 展 (終了しました)
 ゾーンシステム研究会有志と中島代表が出展します。どうかご来場下さい。


2019年3月6日 (水) 〜月11日 (月)  (入場無料・会期中無休)
12:00〜19:00 (無休  最終日は 16:00 まで)
ギャラリー・ストークス


〒107-0062 東京都港区南青山 6-2-10 TI ビル 4F
TEL:03-3797-0856
ギャラリーEmail gallerystorks@gmail.com
ギャラリーHP http://www.gallerystorks.com



ゾーンシステム研究会 第22回写真展 ファインプリント 光への探求

終了しました 多数のご来場をありがとうございました

アイデムフォトギャラリー 「シリウス」
https://www.photo-sirius.net/

2018年11月8日(木)〜14日 10時〜18時(最終日は15時まで)



 ↑クリックするとオープニングパーティーへ。


 ギャラリートークの様子(中島代表)

 研究会の写真展は今年で22回目となります。
 自然風景や、生活の周囲で起きている変化を見抜き、撮影からプリント制作まで会員各自の技量で取り組んできました。
 私たちの題材は、現実に存在し、見えたもの、手に触れることのできるもので、スナップショットのようにその時々の気分を写真にすることではありません。
 日常の風景も整った構図にして眺めてみたい、物と物のバラバラな配置を整えてみたい、強い光の中で眺めたい、移り変わる自然の変化を眺めたい、といった強い思いから被写体にカメラを向けてきました。

 私たちは、被写体を見つけたからといってすぐにカメラを取り出して撮影することはありません。被写体の中に、これから自分が撮る写真を見るように時間をかけて眺めることからスタートします。アメリカの写真家アンセル・アダムスは、“ビジュアライズ”といっています。ビジュアライズとは事前の予見、ありありと心に描くという意味で、想像力と言い換えてもいいかもしれません。

 写真は、私たちの視覚経験をカメラで記録することから始まります。その担い手であるフィルムの存在は重要で、今日まで多くのフィルムを使い続けてきました。
 フィルムの選択は作品のテーマに大きく影響するため、事前にその特性を把握し、感度や現像時間を見つけておくことが欠かせません。好奇心と緊張感の入り混じる現像は、写真家だけに与えられた素晴らしい経験といえます。
 しかし、今年、長い間使い続けてきた国産フィルムの一部がメーカーの都合によって製造中止となりました。アジアで唯一の使いやすく信頼性の高いフィルムがなくなることは、日本の写真文化にとっても大変残念なことです。

 写真アートの大切なものが経済原理によって失われないことを願うばかりです。
    
 ゾーンシステム研究会代表・写真家
     中島秀雄

 ゾーンシステム研究会からのご案内(不定期)を希望される方はメールをお送りください。